早起きしなくても、家で朝ごはんに焼きたてパンを食べる方法

朝焼き立てパン2

皆様こんにちは。
パンを通して食文化を楽しむ「サロン ド ファリーヌ」三谷良子です。

生徒さんたちからよく聞かれることは、朝ごはんに焼きたてパンを食べたい! どうしたらいいですか?
ということ。

二時発酵を冷蔵庫ですると、過発酵になることもあるし、天板ごと冷蔵庫に入れるのは場所を取る。
生の生地を冷凍するのは、状態が悪くなるからおすすめできない。

「焼き時間の2/3が過ぎたところで、オーブンから取り出す」という方法がおすすめです!

朝焼き立てパン4

この方法なら、早起きしてパンを発酵させなくてもいいし、食べたい分だけ焼きあがります。
この「途中で出した白いパン」は、焼き色はついていませんが、中まで火は通っています。

朝焼き立てパン5
食べる時に、最後の5~10分くらいを焼くといいだけなんですよ。

便利なことに冷凍もできます。

朝焼き立てパン1

たくさん焼くときはオーブンで焼くといいし、予熱するのが面倒な時はオーブントースターでも仕上げられます。
トースターは焦げやすいので途中でアルミをかけましょう。

完成したパンをもう一度焼き直すのより、できたて&焼きたて感があります。
ぜひ試してみてくださいね!

朝焼き立てパン3

パンを通して食文化を楽しむ「サロン ド ファリーヌ」三谷良子より

フランスと横浜の食と文化を楽しむ「サロン ド ファリーヌ」
サロン ド ファリーヌは、横浜市 JR根岸線「本郷台駅」徒歩3分の自宅にて開催している、パンとお料理を楽しんでいただく教室です。
http://www.r-farine.com/

三谷良子
Profile

プロフィール

料理研究家 フードコーディネーター
ワインエキスパート
チーズプロフェッショナル
服部栄養専門学校にて製菓パンライセンスを取得。藤野真紀子先生、高木康政氏、河田勝彦氏に師事。フランス・パリの料理学校ルノートル、ル・コルドン・ブルー東京校で学ぶ。
料理教室で、料理 パン 製菓の講師として勤務後、横浜市の自宅にて「サロン ド ファリーヌ」を主宰。
都内や横浜の料理教室、カルチャーセンターにてパン&料理の講座を担当。
企業やメディアにもレシピを提供。
横浜市はまふうどコンシェルジュとして生産者と消費者をつなぐ活動をしている。

パンを通して食文化を楽しむ「サロン ド ファリーヌ」 【パン&料理教室・神奈川県】
New Posting

ピンク色のスープ「フゥオドニック」はポーランドの愛されスープ♪|KitchHike

世界の家庭料理を旅しよう!世界中の食卓で料理をつくる人 (COOK) と食べる人 (HIKE …

おいしくって身体にいい♪ アーモンドで作る「スウェーデンのミートボール」|KitchHike

KitchHikeの世界各国の食卓を巡る連載。今回は北欧スウェーデンに住むエリザベートさんと …

ケーキイッチで夏のおもてなし!「ハムラサラダのケーキイッチ」「オレンジ&グレープフルーツのケーキイッチ」【東京都・新宿】

日本サンドイッチ協会では、北欧由来のデコレーションしたサンドイッチを協会独自のレシピでアレンジして、 …


^