夏のデザート~ヨーグルトケーキとマンゴープリン【レシピ付きコラム】

横浜市青葉区の自宅サロンで
「簡単おもてなし教室」
「おやつ教室」
「大豆から作る豆腐教室」を開講しております
笑う料理家 番場商店です。

子供のころ、母が作るおやつが楽しみでした。
仕事を持っていた母は忙しい中、出かける前におやつを用意してくれていました。
学校帰りに家に帰ると何かしらおやつが待っていました。
夏の定番は、ヨーグルトケーキ。
ケーキとは言ってもゼラチンで固めて大きなタッパーで作られた物。

姉妹で分けて食べてね。とメモがあって、「一人で全部食べたい!!」
といつも思ってたなあ(笑)

ゼリーの時も同じ大きなタッパーだったけど断然私が好きだったのはヨーグルトケーキでした。
大人になって、母にレシピを聞いたら、「もう忘れちゃった」って。
なので私流にアレンジしたものがこちら↓

ヨーグルトケーキ
(材料)
牛乳・・・200㏄
ヨーグルト・・・200㏄
生クリーム・・・200㏄
砂糖・・・50g
ゼラチン・・・10g(4倍程度の冷水でふやかしておく)

(作り方)
1、牛乳を鍋にいれて周りがふつふつとするまで温める。ゼラチンを入れて溶かす。

2、ゼラチンが溶けたら砂糖、ヨーグルトを入れて混ぜ、生クリームも加えて混ぜる。

3、ボールに移し、ボールを氷水にあててとろみがついたら容器に入れて冷やす。

4、お好きなフルーツを飾る。

そしてもう一つはわが家の子どもたちが大好きなデザートマンゴープリン。
こちらは、主婦の友インフォス情報者さまから発売させて頂いた拙著『日本人が絶対好きになるタイごはん』でもご紹介させて頂いたマンゴープリン
簡単なので是非お試しを。

マンゴープリン
(材料)
マンゴー・・・20g
牛乳・・・100ml
砂糖・・・20g
アガー・・・8g
水・・・100ml

(作り方)
1、マンゴーと牛乳はミキサーにかけてピュレにする。
2、乾いた鍋にアガーと砂糖を入れてよく混ぜる。水を加えてさらに混ぜ中火にかけ、混ぜながら沸騰させる。沸騰したら1を加えて弱火にし、だまが無くなるまでゆっくり混ぜ続ける。
全体が馴染んだらグラスに流し入れ冷やし固める。
マンゴープリン

母がお仕事していても寂しく無かったのは、おやつや心をこめたご飯があったからだなあと今でも有難く思い出します。
なので自分がお仕事始めた時、掃除やその他もろもろは適当でしたが
おやつとご飯だけ頑張ろう!!と誓いました。
そのおかげか、旦那さんの力か!二人の男子は元気に大きくなってくれました。
やっぱり食って大事ですね~~
食で愛を伝えるお手伝いが出来たら嬉しいなあと思っています!!

 

番場さま

番場智子

夫の転勤をきっかけにタイに渡り、子育てに奮闘しながら次男をタイで出産。
現地でタイ料理,フルーツカービング、洋菓子を学ぶ。
帰国後はABCクッキングスタジオ社員を経て講師へ。
日本菓子専門学校通信課卒業、製菓衛生士資格有。
カフェやケーキ店で経験を積み独立。豆腐マイスター。
東京豆腐アカデミー、気合い豆腐マスター。
現在は自宅で料理、菓子教室を開講。笑う料理家。

ホームページ http://www.cafemoco.com/

 

笑う料理家 番場商店ホームページはこちら
New Posting

ピンク色のスープ「フゥオドニック」はポーランドの愛されスープ♪|KitchHike

世界の家庭料理を旅しよう!世界中の食卓で料理をつくる人 (COOK) と食べる人 (HIKE …

おいしくって身体にいい♪ アーモンドで作る「スウェーデンのミートボール」|KitchHike

KitchHikeの世界各国の食卓を巡る連載。今回は北欧スウェーデンに住むエリザベートさんと …

ケーキイッチで夏のおもてなし!「ハムラサラダのケーキイッチ」「オレンジ&グレープフルーツのケーキイッチ」【東京都・新宿】

日本サンドイッチ協会では、北欧由来のデコレーションしたサンドイッチを協会独自のレシピでアレンジして、 …


^